私が愛用する包丁

私が愛用している包丁は鋼の菜切り包丁です。

これが無いと生きられませんってくらい大事。
何かあったら、これだけ持っていくかも、ってくらい。

気にいているところは

・刃先の感覚が手に伝わってくる
・固いカボチャもやわらかいパンもキレイに切れる
・刃が薄いので切りたいように切れる
・切れ味いい、切れ味落ちにくい
・気持ちよく切れる
・手に馴染む
・重さもちょうどいい
・とにかく使い心地がいい

 

切れ味が良いと野菜の断面が“つるん”とします
舌に当たる野菜の表面の感触の違いで味も変わります。
“つるん”とした断面の野菜は切っただけなのに、高級料理に負けないご馳走になります。

 

もう一つ、気に入っているところ。

それは形が平和的なところです。

万能包丁や洋包丁のように先がとがっていないのでサスペンスドラマのように人が刺せない!(菜切り包丁は肉類を切るのに向きません。)

 

 

以前は万能包丁を使っていましたが、鋼の菜切り包丁を使ってみたら
切れ味が良くてすっかり手放せなくなりました。

 

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください