私がパリに行った理由②チャンスの神様を信じて

先月、25年ぶりの海外旅行でパリに行ってきました♪

 

昨日から、私がなぜパリに行ったのか、書いています。そしてどんな気づきがあったかシェアしたいと思います。

①私がパリでどうしても確認したかったこと

②チャンスの神様を信じて←今日はこのお話です

③パリにいても私は私でした!

④旅の本当のテーマ

 

前回は、わたしがコーチングを受けて来たことで、自分とのインナートークがだんだんできるようになっていた。だから、なぜパリに行きたいの?って自分に問うことができて、そこから「私は私の直感を信じたい」ってことが見えたというところまでお話しました。まだ見てない方はコチラ

今日はその続きです。

 

 

 

『私は宇宙に守られている、だから私の内から湧き上がる気持ちに従っていたら必ずうまくいく』

ってどこかでわかってはいたんです。

生まれ持って備わっている自分の取扱説明書に書かれているかのように。

 

だけど、どこかで信じ切れていなかった。

というか取扱説明書を読み間違えて変なことしてたんです。

 

STARTボタンを押したいのに、勝手に間違えてるかもってSTOPボタン押してしまっていたんです。

「私は私の直感を信じたい」というのは私の霊(たましい)の訴えだったんですね。

 

自分とのインナートークとアキさんのセッションで、そこに気づいてからの私の行動は早かった!

まず気持ちが決まりました。

「私はパリに行きたいんだ」って。

パリに行くにはどうしたらいいか、パスポートの取り方を調べたり、パリのガイドブックを購入したり、夫より先に子どもたちを味方につけようと根回ししたり(笑)。

 

それでも最後のGOが出せずにいました。

 

それは旦那さんに相談できなかったんです。

 

私はここ数年、ベジタリアンの食について学ぶのに大金を使ってきました。

その学びで私は体調が良くなったし、ソバアレルギーは無くなるし、以前よりも前向きになったしで良いことがたっくさんありました。

だから私は大金を使ったことに全く後悔してないのですが、、、

やり方がまずかった!!!

 

このベジタリアン食を学んだ時も、私は「あ、いいな!」って思うとその理由を深く考えずに突き進んでしまって、旦那さんや家族にキチンと説明しないでやって来てしまったんです。

それに対して、申し訳ない気持ちがあって、これ以上自分のことでお金を使って旦那さんに心配をかけるのはやめようと思っていました。

だから、パリに行きたいなんてとても言えないと思っていました。

言ったら離婚されるか家を追い出されるかなんて考えました(-_-;)

 

でもパリに行き「自分の直感を信じたい」気持ちは日に日に増しました。

 

そして、私は自分を信じるためにパリに行くんだって決めたら、

私を応援する風が吹くようになったんです!!!

 

応援する風その①

海外旅行の経験が多い人と知り合い「行きたいところに行っておいで」と背中を押される。

 

応援する風その②

フランス人と知り合いフランスの農業やBIOのお店やマルシェの情報を教えてもらう。

 

応援する風その③

フレンチのシェフから、パリのお得な食べ歩きについて聞く。

 

応援する風④

親からお金が届く。(ちょっと使いました。パパ&ママ、ごめん!)

 

ここまで来て私のテンションは上がりまくりです!

 

そして極めつけは旅行会社の方との出会いです。

フレンチのシェフの紹介なのですが、偶然が重なり、私がすぐに帰ってしまってその場に行ってなかったらこの場面は絶対にありませんでした。

とりあえず、と言って出してもらった旅行の見積もり。

具体的な旅費を見たら行ける!行くしかない!今までの出会いはみんなチャンスの神様だ!って。

ここでひるむ必要ないでしょって動き出しました。

 

この時点でパリ行きまで2週間切ってました。

まだパスポートもない、旦那さんに相談もしてない、

でもこんなにチャンスの神様に応援されてるのだから、うまく行くことしか考えられませんでした。

 

旦那さんには相談というより『パリに行ってきます』と宣言をし、

「行きたいなら行ってきなさい」とため息交じりのOKをいただきました。

家のことは宅浪中の長男に任せることができそうです。

お金もなんとかしました。

 

そんなこんなでパスポートと飛行機のチケットを14日に受け取って(これはさすがに、間に合うかヒヤヒヤした)

3日後の17日に日本を発つことになりました。

 

 

 

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください