毎日同じ所に行って気づくこと

こんにちは。

元気にハタラク(傍楽)100歳を目指す

管理栄養士あらいともこです。

今日も近くの浅間神社まで歩いて行き、手を合わせてきました。

毎日同じところに行く良さを感じています。

神社で手を合わせながら私が思うこと

  • 今日も元気な体があるから来られた
  • 今日も合わせる手がある
  • 風を感じる耳や鼻、気持ちを伝える口がある
  • 昨日と同じ場所、だけど昨日と違う時間の中にいる
  • 今日も戦争や災害のない平和な一日が始まった
  • 家族が健康だから今日も来られた
  • 私には手を合わせに来る時間がある

今まで当たり前だと思っていたことを
しみじみと、思い浮かべながら
手を合わせています。

参拝を終え、帰ろうと向きを変えると
ちょうど富士山が見えます。

くっきりと堂々と輝くときもあれば
雲で見えないときもある。
一部分しか見えないときもあるし
ふんわりとした柔らかなシルエットで空に溶け込みそうなときもある

これを自分に置き換えてみます。

自分が良く見えるときもあれば、自分がよく見えないときもある

それで良いんだと思います。
それが自然で、毎日同じということはなくて、日々変化するもんなんだ。

今の状況がいつまでも続くことはない。

雲がかかっていたとしても、その雲の向こうには富士山はあって
明日にはまた姿を見せてくれるかもしれないし。

当たり前のようで、知った気になっていたけど
実際に感じてみると、あーなるほどな~とそこから気づきを得ます。

毎朝、同じことをすることが私の助けになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください