現実化を加速させる〇〇飲み会

こんにちは

元気にハタラク(傍楽)100歳を目指す

管理栄養士のあらいともこです

昨年末に今年やりたいことを100個近く書き出しました。

大きいことから、小さいことまで、いろいろです。

2019年が1/12終わり、願いが叶ったり実現したことがいくつか出てきました。

願いが叶ったことに共通するのは、

「それについて叶ったとしたらどんな感じか…」

誰かに喋っていたことばかりでした。

自分の思いや願いをノートに書くことは、現実化にすごく大事だと思っていました。

それを加速させるのは、書いて終わりではなく誰かに話すことみたいです。

しかも、叶った状態になりきって話すことが良いみたい。

「予祝」と同じです。

私は「予祝」というのは改まってる感じがして「妄想」と呼んでます。

「妄想」のほうが軽~いノリで喋りたくなります。

妄想だから、間違いとか制限も無いです。決まりは、その状態になりきること。

妄想だったら、世界のどこにでも飛んでいけるし、何者にもなれる。

それで願いが叶うんだったら、良いと思いませんか?

妄想にはもう一つ約束事があります。

妄想の内容は自分の本心であること。

見栄とか、外の価値観から生まれた願いはいくら妄想しても現実化しません。

だから「妄想」を誰かに聞いてもらうときは気の知れた仲の友人や家族がいいと思います。

お酒を飲みながら楽しく妄想するのも良いですね。

題名の〇〇に当てはまるのは「妄想」です♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください