パリに行きたい!

フランス語を勉強しています。

CDを聞き流しているだけですけどね。

 

先ずは赤ちゃんが言葉を覚えるように、雰囲気を感じることからです。

 

なぜフランス語の勉強を始めたかと言いますと

パリに行きたいからなんです♡

 

パリに行きたい最大の理由は、私がコーチングしてもらっているメレ・アキさん主催のイベントがあるから!!

 

「私を最大限に生かした 生きかたを。 パリで叶えるステージアップツアー」

 

すごく魅かれます♡

 

最近、ZOOMで世界の仲間と話をするようになって私の中の地球が以前よりも小さくなりました。

 

飛行機を使っていく場所なら、北海道も海外も変わらないよね、と思っています。

 

でも、実際のところ私が留守のあいだ子どもたちはどうする?とか旅行費はどこから捻出する?なんて現実があって、今どうしたらいいかな~~~って頭を悩ませているところです。

 

「パリで叶えるステージアップツアー」は女性起業家の大東めぐみさんの2冊目の本「笑顔を増やすだけで月収1500万円」の発売を記念して開催されます。

 

めぐみさんの著書には、これからの時代に女性が独りよがりにならず、自分だけでなく自分と関わった人たちとステージアップして行けるビジネスの考え方が書かれています。

 

女性ってもともと大きな意識が持てると思うのです。だから、ビジネスって言っても売り上げとかの数字が増えさえすればいいってもんじゃないとどこかで思っている。それに売り上げがただ増えるだけだともの足りなさを感じてしまうのではないかと思っています。

でも今までは、ビジネスの成功モデルが、数字で測れるものばかりだった。だから女性はビジネスの場で活躍しにくかったのかなって思います。

大東めぐみさんの著書には、自分が稼げるようになることでどんなことが起きるかが書かれています。稼ぐってただお金が動くだけじゃなくて人と人の間に生まれたエネルギーも一緒に動きます。

人と人の間にエネルギーを生み出す素晴らしさ、それをお金に乗せて循環させる幸せをめぐみさんの本から学ぶことができました。

 

パリに行ってめぐみさんにお会いしてパリでステージアップするしかないって思いませんか?

 

それに、せっかくパリに行くならパリの食事も堪能してきたいです。

特にパリはオーガニックレストランや食品がたくさんあると聞きます。

美味しくて安心な食事、フランス人のBIOに対する考え方も知りたいと思っています。

フランスは自給率が100パーセントを超える農業大国です。持続可能な農業を目指し、有機農業の農家を国が保証する制度があるそうです。新鮮野菜が並ぶマルシェは必ず行きたい場所です。

 

さらに私は、食事は安心・安全なだけじゃつまらないと思っています。

実は、パリの芸術的なスイーツに興味津々なんです。

 

砂糖は体に良くないと言うのは自分の経験上、はっきりと認識している事です。

それで「砂糖は体に悪い」「健康のためには砂糖は食べない」って二項対立になっているのですが、そろそろここから脱却したいと思っています。

 

砂糖が無いと表現できないことがあると思っています。

芸術性や文化を表すため、心の喜びの面で砂糖は必要なんじゃないかな…っていうのが私の仮説。それを確認しに、パリの高級なサロン・ド・テに行きたいわけです♡

もちろんスイーツが体の負担にならないような研究もしてきます。(あ、行く前提になってる)

スイーツの前の食事の食べ方、食べるタイミング、食べるときの気持ち、食べた後どうしたらいいか‥など

これを皆さんにシェアできたら、喜んでもらえそう!

 

あぁ~初夏のパリがわたしを呼んでいる♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください