続くってことは「楽しさのバロメーター」

投稿日:

おはようございます。

今朝も歩いてきました。

3週間前から朝歩くようになりました。

近くの神社まで行って帰って20分位。

姿勢良くサッサと歩くとうっすら汗をかくくらいの運動量です。

 

始めたきっかけは一つは運動不足解消のため。

一日中、パソコンの前に座っていた日は足がむくむようになり、歩くようになりました。

たった20分のウォーキングですがやらないよりは良いかと思って。

あと、自分で決めたことを一つ続けてみようと思ったためです。

私は生まれながらに飽き性なんです。長く続けられないことに自信ありです!

加えて、自分の決意を簡単に無視してしまうところがあリ、それって自分を大事にしていないと気が付きました。

自分が決めたことをやる、今の場合だったら「毎日歩く」ってことを、叶えることが自分を大事にすることなんじゃないかと気づいたのです。
「自分が決めたことにコミットする」って気持ちで続けています。

これまでに2回歩かなかった日があります。

雨の日と体調が悪かった日です。(この体調が悪いのには理由があるのでまた書きますね。)

歩くのは起きて着替えて顔は洗わず出るので5時台の薄暗い時間です。

最初はめんどくさくなってまた続かないかなと思ったので、ブログにもなかなか書けずにいたのですが続けられていてあることにかが付きました。

「続けることに意味はない」ってことです。

私がなぜ3週間もウォーキングが続いているか。

朝眠くても、歩くぞ!ってパッと起きられるのか。

最初の頃は自分との約束を守ろう!って思っていましたが、最近は習慣になりました。

なんで習慣にできたかというと、「楽しいから」なんです。

私にとって歩くことのメリットは

・朝の澄んだ空気で有酸素運動することで頭がスッキリする。
・歩いているといいアイデアが浮かぶ。
・毎日同じ場所に行くことで、昨日できたことがまたできたという喜びを感じられる。昨日と同じ事ができるのは私にとっては生きているよろこびを感じられます。
・朝活動することで勢いがついて充実した一日が過ごせる。
・地元の神社に参ることで神様とのつながりを感じられる。

特に「いいアイデアが浮かぶ」というのは私をワクワクさせてくれます。

考えがまとまるだけじゃなく、思ってもいなかったことがポンと閃いたりするので、自分じゃない誰かに教えてもらえるようでexcitingなのです。

そこで「続けることに意味はない」ってことにも気がついたのですが、ここにフォーカスしなくてもいいてことです。

楽しいことは勝手に続くのです。逆に楽しいことは続かない。

楽しいことはすごく効率的だし、エネルギーが増産されるし良いことばかりなんですね。

だから楽しいと思えないことはやらないほうが良いんだとわかりました。

「これをやるぞ!」って決めたのに、続けられないときは「飽きっぽい私はダメだ~」って落ち込むんじゃなくて、やり方が違ったんだから変えれば良いんです。

運動不足解消が目的なら朝のウォーキングじゃなくても良い。
ジムに行ってもいいし、歩くじゃなくて走るかもしれないし、室内でヨガかもしれない。

続くってことは「楽しさのバロメーター」

そう考えたら、ラクですね。

エネルギーはどんどん沸いてくるし、一人一人の良さをどんどん発揮できるから、みんながイキイキできる考え方だなと思います。

日本人の良いところは我慢強いところかもしれないけど、なぜやるかの意味を考えずに嫌なことでもやらされてる感たっぷりに続けてしまうところはどうかと思います。

大人でも子どもでも楽しいことを集めていくって大事なことだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください