ネギの葉炒め

こんにちは。あらいともこです。

 

今日はネギの葉の炒め物を紹介します。

スーパーに売られているネギはたいてい緑色の葉の部分が切り落とされています。

葉の部分は色が変わりやすく、傷んでいるように見えてしまったり、箱詰めの時にじゃまになってしまうから切り落とされてしまうのでしょう。

ですが、葉の部分には白い部分とは違うおいしさがありますから、本当は捨てるなんてもったいない!

葉付きのネギが手に入ったら、作ってみてほしい料理です。

 

①葉付きのネギは鮮度が落ちると色が変わるだけでなく、固くなります。

美味しそうなネギが手に入ったら出来るだけ早く、白い部分と青い部分に切り分けてください。

切った後、すぐに料理しないときは冷蔵庫に保管してくださいね。冷蔵庫に入らないときは長さをさらに半分にして冷蔵用袋に入れると長持ちします。

葉の部分はほうれん草や小松菜などと同様、新鮮さが命です。できれば購入した日に料理してください。

②ネギの葉は洗ってから3~4センチの長さに切ります。内側のヌルヌルが出てきますが洗い流さなくてもいいです。このヌルヌルしたのも旨さになりますし、調味料がよく絡みます。

③フライパンを熱してごま油を入れます。ネギの葉1本分に付き大さじ1のごま油が目安です。

ネギを入れたら全体に油が回るように大きく混ぜます。

油が回ったら、あまり触らないようにして火を通します。火加減は中火で。

ちょっと焦げがつくくらいが香ばしくて美味しいです。

④日本酒を大さじ1~2振りかけます。塩をひとつまみ振り、全体を大きく混ぜながら炒めて酒のアルコールを飛ばしたらできあがりです。

味つけは酒と塩のみでキリリとした味に仕上げます。

ごはんにも合いますし、お酒のつまみにも良いかも。

 

新鮮な軟らかい葉で作ると、とっても美味しいので作ってみてくださいね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください