のらぼう菜とタクアンの炒め

朝ごはんに作った、のらぼう菜とタクアンの炒めがとてもおいしかったので紹介します。

①タクアンは3cmくらいの長さの細切りにします。

②フライパンに菜種油と切ったタクアンを入れて弱火にかけます。弱火でじわじわ温めることでタクアンのうま味と塩気が油に移ります。(ガーリックオイルを作る要領です。)

③タクアンの表面が乾いたようになってきたら、のらぼう菜を加えます。生でも良いですし、茹でてあるものでも良いです。のらぼう菜でなくても色々な葉物野菜に合うと思います。

④菜っ葉に火が通たら味見して薄いようならしょう油を回しかけます。

 

この料理のポイントは本物のタクアンを使うことです。

自家製のタクアンが無い場合は、購入するときに裏の表示をよーーーく見て買ってくださいね。

本物のタクアンは基本的に 塩・大根・糠 でできています。

その他の材料が入っている場合、なぜ使われているのかな?と考えて、納得できたら買ってくださいね。

 

ちゃちゃっと作ったわりに、とってもおいしく出来上がったのでご紹介しました。

ぜひ作ってみてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください