暑い日は切って混ぜるだけのさっぱりごはん

今日は暑かったです。室内33℃。

急に夏が来ました。

 

生野菜が嫌いになったかなって思うくらい、生のサラダは食べなかったのですが

なま~、なま~、

生の野菜をくれ~~~~と食べたくなりました。

トマトもキュウリもレタスも、ついこの前まで全然食べたくなかったのに

今日はとってもおいしく感じます。

この暑さで体が一気に夏モードに入ったみたいです。

夏野菜は体を冷やしてくれる作用があるんです。

体は気候に合った食べ物をちゃんとわかるようになっているのですね。

 

 

 

暑い日はなるべく火を使わない料理が良いですね。

今日の夕飯は「梅とキュウリの混ぜご飯」です。

 

 

 

〈作り方・3人分〉

①キュウリ一本は薄い輪切りにして塩ふたつまみをまぶして軽くもみます。10分くらいして、くたっとなったら水気をギュッと絞っておきます。

②ごはん500g(目安は大人の茶碗3杯分)に梅酢か酢を大さじ1~2杯混ぜます。酢を使う場合は少なめが良いと思います。それから酢を使う場合は塩を好みで加えてください。

③手でちぎった梅干2個、いりごま大さじ2杯も混ぜます。

④仕上げに揉み海苔とシラスをのせました。大葉の千切りも合いそうですね。

 

子どもたちが、うまいうまいって食べてました。

暑くてバテ気味の日でもさっぱりしたごはんなら、食べやすいと思います。

ちらし寿司のごはんにも良いですね。

娘は細巻きにしたいって言ってました。それも良さそう!

 

ぜひ作ってみてください♡

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください