はんのう旬菜マーケット 葉菜畑 本山さんインタビュー

無農薬固定種野菜を飯能市内で栽培し、直売店「はんのう旬菜マーケット 葉菜畑」も手掛ける、株式会社ひより農園の代表取締役 本山憲誠さんにお話を聞きました。

人材派遣会社を経営されていた本山さんが取引先との縁で「過疎農村を救う青年実業家」として石川県羽咋市で市職員や関係者から出迎えられたことが農園を経営されることになるきっかけになったそうです。

そこから「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんとの出会いがあり、従業員と共に木村さんの自然農法を学ばれたそうです。

ひより農園は無農薬、化学肥料不使用で、固定種野菜の種を使うといポリシーをお持ちです。

一般的なF1種と呼ばれる野菜と比べ見栄えや生育により苦労することもあるそうですが、味の良さには自信があるとおっしゃいます。

最後に本山さんお気に入りのサラダ用野菜の食べ方をご紹介しますね。

 

本山さんの展望に、従業員に独立してほしいという願いがあるそうです。

農業をやったことがない人に農業を教えて、ひより農園のポリシーと同じ農法で独立して行ってほしいのだそうです。

農業を始めるのに一番大変なのは土地探しで次に大変なのは売ること。本山さんは独立していった人たちが作った野菜はすべて買い取り、取引関係になってゆくのが夢だとおっしゃっていました。

 

さらに本山さんには耕作放棄地を利用して過疎農村を活性化させる構想をお持ちのようです。本山さんにとって地方都市再生の方法の一つに自然栽培が欠かせないそうです。

 

まだまだ「固定種野菜」の知名度は低いようですが、本山さん持ち前の行動力とアイデア力でお客さまに固定種野菜のおいしさを届けておられる様子が印象的でした。

 

お話を聞かせて下さりありがとうございました。

 

本山さんお気に入りの食べ方

刺身の上に紅法師水菜や赤リアスからし菜を食べやすい大きさに切りたっぷりと乗せガーリックオイルをかけて食べます。

〈ガーリックオイルの作り方〉

スライスしたニンニクをオリーブオイルと共に鍋に入れ色づくまで弱めの火で加熱。塩で味付けする。

野菜がおいしくて刺身が残ってしまうほどだそうです。手作りガーリックオイルで野菜がたくさん食べられそうですね。

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください