自家製黒米甘酒

投稿日:

わが家で欠かせない自家製食品があります。
一番は「梅干し」二番は「甘酒」
自分で作ると、どこか肌に合うというかしっくりきます。
食べると体の隅々に行渡り、見えないバリアで守ってくれるような不思議な力に満ち溢れていると感じます。

夫はダイエットを始めてから甘酒を毎朝飲んでいます。
日中の食欲が抑えられるそうです。
甘酒の糖質はいろいろな栄養素と組み合わさっていますから他の甘い飲み物より血糖値の上がり下がりが穏やかになるのだと思います。
私は食後のデザートに豆乳ヨーグルトに甘酒をかけて食べるのが好きです。
麹で作る甘酒は飲む点滴と言われるくらい栄養があります。
乳酸菌や酵母菌による整腸作用も期待できます。
でも、健康効果を期待するよりおいしいことで食べる習慣になっています。
わが家の定番「黒米入り甘酒」の作り方を紹介します。

☆作り方(※炊飯器を使います)

米  4合
黒米 1/2合
乾燥麹  500g
水  500g

①米と黒米を洗い、5合の水加減で炊きます。(柔らかめのご飯を炊きます)
②ご飯が炊けたら、水500ccを加えよく混ぜます。ご飯の温度が均一になるまで5分ほど待ちます。
③乾燥麹をよくほぐしてから②の中に入れてよく混ぜ合わせます。
④米と麹が混ざったら表面をラップでピッタリとおおいます。炊飯器のフタを少し開けて20~24時間保温すると、できあがります。

ラップでおおい長時間保温することに少し抵抗があるのですが雑菌が入らず、とても甘く仕上がるので現時点でのベストな作り方です。(麹の酵素活性に空気は必要ありません)
出来上がった甘酒は冷蔵庫で保存できますが1週間以上使わないときは冷凍保存しています。冷凍用の容器やビニールバッグに入れて保存しますが、糖度が高いためカチカチに凍らず冷凍しても使いやすいです。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください