これからは100%私の主張

長男の卒業式がありました。

公立ですが、制服のない学校なので
卒業式はみんなおもいおもいの服装です。

男子はスーツ、女子は袴が多いのですが
中にはとっても個性的な子もいます。

男子の袴もカラフルでピンクや赤
女子はフワフワドレスにティアラ、ロック歌手のステージ衣装のようだったり、宝塚のようにドレスアップしている人もいました。

とーっも賑やか!

ちなみに長男は白い袴でした。

 

 

私が高校生の時の卒業式とは大違いです。

 

 

ふーっと24年前にタイムスリップしました。

 

 

私は高校生で引きこもりしてました。
出席日数を補うために保健室登校してギリギリ卒業生させてもらいました。
卒業式には出たものの、高校生活の半分以上は何をしてたのか、ぽっかり穴が空いたようで、高校生らしい思い出はほとんどないなぁと思います。

 

なんで学校に行けなくなったんだろう?

 

私、もともと好き嫌いがハッキリしているんです。

自分が納得できない事はテコでも動けない性格。

そのため、小学校、中学校では親や学校の先生によく反発しました。

だって可愛くない制服を改造して、せっかく可愛くなったのに大人たちは怒るんですもの!

あんまり怒られるから高校生では大人しくした方が良いって思ったんですね。
学級委員になったり優等生っぽくして自分の個性が出ないようにしました。

私にはこれが合っていなかったようです。。。
学校がだんだんイヤになり、ついに行かなくなってしまいました。

私はわたしを出さない選択をすることで、
本来の、わたしらしさを否定してしまったのです。

そのことをずーっと周りの大人のせいにしてきました。
先生や親が私を理解してくれない!って思っていました。

でも、違うんだーと最近、ようやく気がつきました。

私の今までの人生は全て自分が選んできたんです。
引きこもったのは
私が自分を守りきれなくて、私がスト起こしちゃったんです。

だって、人から何を言われようが自分を100%だして思いっきり生きている方いっぱいいますもん。

私はそれができなかっただけなんです。

長男の卒業式を見て、個性を主張できる場があってらうらやましくなりました。
それがいいかどうかは、やってみたらわかる。若いんだからどんどんチャレンジすればいい。
卒業する生徒たちが輝いていて、それを見守る周りの大人たち、教師の皆さんも素敵だなぁと思いました。

私はいつまでも過去を気にしていたけど、
誰かのせいになんてしないで、
これからは100%私の主張で行きたいと思います。

若いこたちに見習います♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください