減塩によって起きたこと

投稿日:

減塩をし始めると、どんどん体調が悪くなりました。

最初は、疲れか高血圧のせいだと思っていました。

減塩すれば高血圧は解消すると思っていたので、塩の減らし方がまだ足りない、まだ足りないと思っていました。

で、どんどん制限するけど、体調もどんどん悪くなっていきます。

具体的にはヤル気が起きないんです。

だるくてだるくて、ず――――っと何をしててもだるいんです。

自分ではどうしようもできない、会社の健康診断では即受診!と言われるし、子どもが小さいから血管破裂で死ぬわけにはいかない…
と思い、とうとう病院に行き薬を処方してもらいました。

薬は一度飲み始めると一生飲むことになるよと聞いていたので、できれば飲みたくないと思っていました。

そして副作用があり、私の場合はお腹が張ったり便秘になったり不調がさらに増えました。

薬を飲んでも血圧に変化がなかったし、全身検査したのですが血圧が上がる要因が見つからず、
その薬が何に作用しているのか不明だったので
飲むのをやめてしまいました。

塩分制限の食事も降圧薬も、私にとっては全く効果が感じられず不安が募る一方…

自分の仕事(管理栄養士)に対しても、疑念を持つようになり
全く解決策が見出せない状態がしばらく続きました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください