甘酒で花粉症が楽になるの?


昨日はとても暖かく、お日さまの色が一気に春色になりました。

風の匂いも春のにおい。

この季節は自然とウキウキしてくる、大好きな季節です。

 

でも、花粉症の方にとっては困った季節ですね。昨日みたいに雨上がりで暖かく、風のある日は大変な思いをされていることと思います。

私が住む飯能市はスギの産地で山にスギにがたくさん植えられています。花粉飛散ピーク時には黄色い風が吹くんですよ。車もベランダも黄色い粉でいっぱいになります。花粉症でお困りの方にとったら聞くのもイヤですね。

 

そんな辛い症状でお困りの方におすすめしたい食べ物があります。

甘酒です♡

 

写真の甘酒は黒米入りの甘酒です。

材料は白米に黒米を少し混ぜて炊いたご飯とお水と麹です。

酒粕で作る甘酒と違い、アルコールを含まず、砂糖を入れません。

麹菌が出す酵素によって米の成分が分解され、とっても甘くなります。

主な栄養素はブドウ糖、アミノ酸やビタミン、食物繊維も豊富です。

甘酒は消化によく、たくさんの美容効果があります。

黒米入り甘酒はポリフェノールで紫色になり、色も綺麗だし、抗酸化成分や薬効効果が期待できます。

 

その甘酒、花粉症の症状を和らげてくれるようなのです。

甘酒には酵素や乳酸菌、酵母など、数値では測れないような成分もたくさん含まれるので、腸内環境を整えてくれるのだと思います。

花粉症のある長男がこの時期になると毎日甘酒を飲んでいます。効果を実感しているという事ですね。

私は炊飯器を使って自家製甘酒を作っています。

麹菌は60度弱の温度で一番、酵素活性が高くなります。この温度を保つのに炊飯器の保温機能がイイんです♪

 

 

 

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください