ぬか漬け初め・タクアン

投稿日:

おはようございます。

100歳まで

元気にハタラク(傍楽)を目指す

管理栄養士あらいともこです。

 

タクアンを仕込みました。

タクアンは簡単に言うと、干大根のぬか漬けです。

冬の寒さと乾燥を利用して大根を干します。

大根が「つ」の字に曲がるくらいよく干せたら

ぬか床に漬け込みます。

容器にきっちり大根を詰め、隙間を埋めるようにぬか床を詰めててゆきます。

ぬか床も自分で作ります。

ぬか床の糠は玄米を精米したときに出る、米の表皮の部分です。

精米所で頂いてきました。

ぬか床の糠は煎っても煎らなくてもどちらでもいいようです。

煎ったほうが、香ばしさが加わり、虫の発生が防げるそうです。

今回は糠を煎ってみることにしました。

フライパンで弱火で5分位、全体がサラサラとするまで煎ります。

必要量煎ることができたら、塩水を加えます。

水分はぬか床がしっとりするくらい。

塩気はショッパイくらいがいいです。

二週間ほどすれば食べごろになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください