おでんと食べ残しを減らすためにできること

夕飯はリクエストによりおでんを作りました。

大根とこんにゃく、油揚げです。子どもたちには玉子入り。

 

たまには、ちくわとかさつま揚げとか練り製品を入れようかなと思って買いに行ったのですが

原材を見ると欲しいと思うものがありませんでした。

 

いろいろケミカルなものが入り過ぎてます…。

 

こういうのはその物も食べ残してしまうし、煮汁にも味が移るから、煮汁も残ってしまう。

とてももったいないので、入れられません。

 

材料がシンプルな練り製品はいい出汁になるのだけど、そういうのはなかなか売られていなくて残念です。

 

日本の食べ残しが問題になっているけど、おいしくない食べ物が原因かと思います。

 

素材をちゃんと選んで料理すれば、煮汁まで全て飲み干してしまいますから。

おいしくて、安心できる食品が近所のスーパーでも買えるといいなと思います。

材料にこだわる良い商品はお値段が高め。

きっと売れ残ることが多くて、お店側にしたら販売しにくいのかもしれませんね。

消費者が食への意識を高めて、そこにかけるお金の割合を少しでも変えていけたら良いと思います。

 

何かを買うことは私が何を良いと思っているかの意思表示です。

環境に良いから、子どもたちの未来を守るため、健康的で長生きしたいから、、、

食品を買うときに、あなたが大切にしたい未来を描いて選んでみませんか?

 

日本人はなんでも受け入れるのがうまい。

でも、おかしな方向に進んでいると気づいたら自分たちでできることを見つけて
方向転換していかないとね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください