世界は波、食も波

先日こんなこと思いました。

良い音楽があれば全てを浄化してくれる (音は波ですから)

だから良い音楽があれば何を食べていても体を整えられる

と感じたんです。

 

その気づきは良かったんです。

じゃぁ、私が今まで食にこだわってきたことって何なんだろう?

私から食をとったらどうしたらいいんだろう?と思いました。

自分にとって「心が揺さぶられるような体の底からすばらしいと思う音楽があれば、食はなんでもいい」という仮説が正しければ

私が今まで食にこだわってきた事はどうでもいいことだったのです。

 

そこで良い音楽ってなんだろうって思ったんです。

この事を感じたきっかけになった音楽は、自然のことをよくわかっていて自然の法則つまり「予測不可能」な音楽をよくご存知のミュージシャンの方の音楽でした。

私は良い音楽とは自然の中にある音を再現した音楽だと思いました。

 

最近友人からこんなことを聞きました。

 

「世界は全て、波でできているよ。」

 

確かにエネルギーの回転とか波長とかそこから物質が生まれてきていると言う話を聞いたことがありましたが、彼の説明は私にとって、とても納得できる話でした。

 

その友達はとても頭の良い方なので私にわかりやすく説明してくださったのですが私はうまく説明できません。

ただ世界の仕組みが見えてきているということをよく理解することができました。

私は料理を通してそれを感じていました。

おいしい料理は見ただけでわかるし、食べる前から感じることができました。

そして鍋の中や皿の中で調和がとれているということを感じていました。

 

そこで私は気づいたのです。

 

音楽だけでなくこの世の全てが波でできているとしたら、

食べるものも波でできています。だから、

 

いい波でできている食事はやっぱり私たちに良い影響与えてくれるのです。

 

音楽に限らずです。

 

その波とはどんなものなのか、、、

 

食べ物が発する波とはどんなものなのか?

いい波が出る食べ物とはどんなものなのか?

私が鍋や皿の中で調和されていると感じる食事は料理は波として数値で表すことができるのか?

 

食べ物と波の関係で知りたいことが出てきました。

私が心地よいと思う食事は、私が心地よいと思う波を持った食事であることは間違いありません。

 

それが一体何なのか、

みなさんにわかるような形にしてお見せすることができたらいいなぁと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください