食品ロスをご存知ですか?

投稿日:

「食品ロス」をご存知ですか?

まだ食べられるのに、捨てられてしまう食品のことです。捨てられる理由は売れ残り、食べ残し、期限切れによる腐敗などがあります。

日本では、まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」は年間600万トン以上もあるそうです。(食品由来の廃棄量は2700万トンもあるそうです)

ちょっと想像できない量ですが、
これは、世界中の食糧困難者に向けた食糧援助量の約2倍の量だそうです。

途方もないような量の食べ物が、毎日捨てられているのですね。

スーパーに勤めている方が、言ってました。朝勤務先に行くと、賞味期限切れの食品がたっくさん捨てられていて、気分が落ちると。

当たり前の感覚だと思います。
どんな方でもまだ食べられるものを捨てるのは、心が痛むと思います。

ただ、目にする機会があるかないかの違いなのかな〜と思っています。

食品ロスを国民一人当たりに換算すると”お茶碗一杯分(約134g)の食べもの”が毎日捨てられていることになるそうです。
「600万トン」はなかなかイメージできない量ですが、「お茶碗一杯分」と聞いたらそんなに多くないと思いませんか?私は「お茶碗一杯分」でしたら一人一人の工夫で減らせる量だと思います。

製造・卸売・小売・外食産業・家庭のそれぞれの立場で食品ロスを減らすことが必要です。

日持ちすること、衛生的に作られること、パッケージの工夫、作りすぎないこと、買いすぎないこと…工夫できることはたくさんあります。

が、
わたしが考える一番効果的な方法は〜

おいしいものしか
買わない!作らない!食べない!

と決めることです。

おいしければ、最後まで残さず食べますよね。残ったとしても翌日、どうやってリメイクして食べるか、考えるのが楽しくなるものです。

食べるものをなんとなく
買ったり、作ったり、食べたりしていると
食品ロスは減らないと思います。

 

旦那さんが作ってくれた中華料理。
普段はベジタリアンだけど、おいしくて残さず食べ食べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください