過去の記憶を引きずっていませんか?

ある日、何も予定のない休日。

明け方の四時ごろにパッと目が覚めました。

そのまま起きて読みかけの本を開けばいいのに

なぜか「このまま起きたらもったいない!」って布団の中でぬくぬくしていました。

そのうちまた寝てしまい、次に起きたのは7時近く。

あれれ、身体がイタイし頭もボーっとする…

どうやら寝過ぎで調子が悪くなってしまったようです。

四時にパッと目が覚めた時が今日、起きるのにベストなタイミングだったようなのです。

私はなぜ、「このまま起きたらもったいない!」と思って寝たのか考えてみました。

すると過去の記憶を思い出しました。

子ども達が小さい頃、授乳で1時間おきに起きていた時のことです。
眠いのに、起こされる。眠たい時に眠れない。仕事をしていたので日中も寝不足でキツかった…

その頃の私にとって
寝たいだけ寝ることや朝、布団の中でまどろむのが最高の贅沢だったのです。

でも、これって過去の事。

今は夜中に起こされることはないから充分寝ているんです。

早起きすれば、自分の時間か持てるし、寝過ぎで調子悪くなることもない。

過去の記憶で、今起きていることを判断しているって…なんて無駄!って思いました。

もしも、何かで違和感を感じたら
もう必要ない過去の記憶を引きずっているかもしれませんね。

目がパッと開いたら、しっかり寝られたことに感謝してサッと起きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください