高きびとゴロゴロ根菜のヴィーガンカレー

夕方、出かける用事があったので作っておけるカレーにしました。

ビーガンカレーです。(材料は植物性のみ)

 

肉や魚の料理は巷にたくさんありますから、どこでも食べられるでしょ?
だから、私はおいしいビーガン料理をたくさん作りたいと思っています。

世界中の食事の中の一食でもビーガン料理に代わるといいなと思います。

野菜が多い料理は身体にも環境にも負担が少ないと思います。

そして、野菜の本当のおいしさを味わうためには個性の強い肉や魚と一緒に料理しないほうがいいと思うのです。

肉や魚が無いと野菜が堂々と主役の料理になります。(野菜は肉や魚の旨味に負けちゃうんですよね〜)

 

週に一度から、一食でも多く、みなさんの食卓にビーガン料理が増えますように♪

 

〈材料〉

なたね油 大さじ3
ニンニク 1かけ
生姜   5g
玉ねぎみじん切り 中玉1個分
カレー粉 大さじ1
タカキビ 40g
塩 ひとつまみ
水  600cc
車麩  2個
なたね油 適量
人参 中1本
ジャガイモ 大2個
シメジ  50g
塩 小さじ1・1/2
酒 大さじ1
醤油 大さじ1・1/2
トマトピューレ 50cc

①圧力鍋になたね油とみじん切りにしたニンニクと生姜を入れて弱火にかけます。

じっくりと火を通してニンニクの香りが出たら、生姜のみじん切りと玉ねぎのみじん切りを炒めます。

カレー粉、洗った高きびもさっと炒めます。分量の水を加えて蓋をして10分圧力をかけます。

②別の鍋で人参とじゃがいも、しめじを煮ます。野菜に対して半分くらいの高さの水を入れ塩ひとつまみと酒を入れて煮ます。野菜は時間差で煮て固さを揃えるといいです。

③車麩は4等分に切って油であげます。

④ ①の鍋の圧力が抜けたら②と③、塩と醤油とトマトピューレを加えて10分ほど煮込んで出来上がりです。

 

赤ワインがあれば入れたかったなと思います。より、風味が増すと思います。

代わりにロンドンに住む友人のAkiちゃんからいただいた、おいしいバルサミコ酢を盛り付けてからかけました。
とてもいい感じになりました♪

お友達が教えてくれたのですが
こちらのバルサミコ酢はイタリアのモデナという場で作られたもので、本来はモデナ産の葡萄酢しかバルサミコ酢と言う名前では売れないそうですよ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください