ツルムラサキの辛子和え

【今朝の一品】

ツルムラサキの辛子和え

肉厚な葉と太めの茎。

強すぎない滑りが小松菜など、他の青菜にはない舌触りです。

ツルムラサキは独特の風味があります。

泥くさいような、ワイルドだぜって主張してくる味。

私はこれが苦手でした。

でも、辛子和えにすると辛子のツンとした味が泥くささを、打ち消して
とっても美味しく食べられます。

〈作り方〉

茎が太いので下の方に切り込みを入れます。
縦に割くように包丁を入れてください。

沸かしたお湯に少しずつ入れて茹でます。
私は3本ずつくらい茹でます。
茎の太い方から湯に入れてください。

茹で時間は好みですが、私は他の青菜より長めです。小松菜で5〜10秒くらいですが、ツルムラサキは30〜60秒くらいゆでます。

湯から引き上げたら広げて粗熱をとり、
3〜4センチの長さに切ります。

◯辛子醤油の和え衣

ツルムラサキ100グラムに対して粉の和がらし小さじ1杯弱が目安です。
小さじ2杯の水で溶きます。
醤油大さじ1杯を加えよく混ぜます。

辛子醤油の和え衣に茹でて切ったツルムラサキを入れて和えます。

辛子たくさん作った方が美味しいような気がします。よく使う方は多めの量を練るといいです。よく練ってから少し置いておくとより風味が増します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください