ドレッシングの味が決まらない理由

投稿日:

手作りドレッシングが好きです。

その日の気分で、好きな味を作って食べられるから。

ドレッシングを作らなくても食卓でサラダのお皿に直接調味料をかけてもいいと思います。

かける順番は油、酢(レモン汁)、塩、胡椒

油で野菜の表面に膜を作り

後から入れる塩の浸透圧で水分が抜けるのを防ぎます。

サラダが水っぽくなるのを防ぎ、食事している間、サラダを美味しく食べる事ができます。

ドレッシングを作るなら調味料の質にこだわって欲しいと思います。

基本調味料は油、酢、塩になりますが

それぞれ口に入れて味わってみておいしいと思えるものを使ってください。

油や塩をそのまま食べるの?って思うかもしれませんが、これはすごく大事です!

調味料が美味しくないと、その料理はどうやってもおいしくなりません。

味が決まらないのは酸味が強いからかも。

使っている酢が酸っぱすぎるようなら、少し煮立てて酢を飛ばすと和らぎます。

レモン汁は煮立てると苦味が出るので、そのまま使ってください。

〈ドレッシングの基本の割合〉

油 大さじ1.5〜2

酢 大さじ1

塩 小さじ1/4〜1/5(ひとつまみ)

胡椒 適宜

※砂糖をほんの少しだけ入れると味がまとまりまろやかになります。

小さいホイッパーなどでよく混ぜ合わせて油と酢を乳化させます。トロッと滑らかになるまで混ぜるのが手作りドレッシングをおいしくするコツです。

油が多いと思うかもしれませんが

ダイエット中だとしても油はある程度必要です。油は脳や細胞膜の材料になります。認知症予防、皮膚トラブル予防になります。良質なフレッシュな油を使うようにしてください。

また、油は酢の酸味を和らげるので酢の量より多い方がおいしいと思います。

調味料はそれぞれ好みのものに変えてください。

組み合わせは無限大です!

・香りの控えめのオリーブオイルとバルサミコ酢

・ごま油と中国黒酢

・菜種油と梅酢

などなど、、

バジルやコリアンダーなどのハーブや生姜、ネギなど香味野菜でアクセントつけるのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください